桐生ココ復帰できずに引退か?赤井はあとと共に自粛、謹慎処分に。

 

VTuber事務所「ホロライブ」を運営しているカバー株式会社が、「桐生ココ」さんと「赤井はあと」さんの活動自粛を発表しました。

この問題に対し、ネット上では様々な意見が飛び交っています。

今回は、桐生ココさん、赤井はあとさんは復帰できるのかについて考えていこうと思います。

VTuber僕も大好きなので、少し長くなってしまうかもしれませんが、ご了承ください。



桐生ココと赤井はあとの自粛、謹慎処分はなぜなったのか。

知らない人もいるかもしれませんので、簡単に今回の問題を説明しようと思います。

9月24日、赤井はあとさんが、中国の動画配信サイト「bilibili」にて、YouTubeアナリティクスを開いたところ、「台湾」と表示が、、

9月25日、桐生ココさんも同様にYouTubeアナリティクスを開き、「台湾」の表示。

この配信を見て、中国が激怒!

理由は、台湾を国として扱ったからです。

その後「bilibili」の放送権がなくなり、今の状態になっています。

なんで台湾を国として扱ったらだめなの?

と思う方もいると思いますが、中国は台湾を独立国家として認めていません。

YouTubeアナリティクス上で表示されただけだから、Googleの責任じゃないの?

と思いますが、実はそう簡単な問題ではないのです。

中国と台湾の問題、またカバー株式会社の問題について

上記でも説明したとおり、今回の問題はそう簡単なものではありません。

中国と台湾の問題は非常にシビアで複雑です。

長くなるのでここでは説明しません。知りたい方はググってみてね、笑

中国の配信サイトである「bilibili」と契約したのならば、ここは押さえておくべきところ、いわば常識の部分です。

徹底すべき箇所を徹底していない、おざなりにしている。

また、過去に似たような問題が起きた際に、カバー株式会社は「事態の重大さを改めて認識した、中国に関する知識の教育も行っていく。

と発言しています。

こういった状態で起こった今回の問題。

桐生ココさんと赤井はあとさんは復帰できるのでしょうか?

桐生ココ、赤井はあとは復帰できずに引退??

ここからはあくまで僕の推測になりますが、「復帰は難しい」と思います。

赤井はあとさんは復帰できたとしても、桐生ココさんは難しいのではないでしょうか?

理由は以下のとおり。

桐生ココさんと赤井はあとさんはTwitterでこのように発言しております。

https://twitter.com/kiryucoco/status/1310183504982847488

ただ僕が深読みしているだけかもしれませんが、桐生ココさんの「復帰した際には」という部分が気になります。

そして何より

桐生ココさんへの誹謗中傷が多すぎる

ということも理由の一つです。

カバー株式会社の対応もですね。
ホロライブは今後どうなっていくのか心配です。



桐生ココ、赤井はあとについてまとめ

今回の問題はなかなか難しい問題ではあります。

今後の運営さんの対応次第という感じですね。

VTuber大好きなので、引退しないでほしいです!!

復帰したときは今まで以上に愛を注いでいきましょうね、笑